★医学部ってどのくらい難しいの?難易度や必要とされる偏差値を知って勉強の計画を!★

国家資格を取得して人命を救う尊い仕事を行う医師となるためには、大学の医学部へ合格しなければなりません。弁護士や公認会計士と合わせて士業三大資格の一つである医師は、医学部の難易度として、同じ大学であっても他の学部に比べて偏差値が10以上高くなっていることも通常です。特に、国公立大学は授業料の面からも数多くの志望者が集中するため競争倍率の激しさと高い難易度によって最難関とさえ言われています。勉強しなければならない範囲は膨大であり、問われる問題も非常に質の高い出題となるため、しっかりとした基礎知識を持った上で応用力が効く実践的な学力を身につけて置かなければなりません。他の学部の受験とは性質が異なるため、長年の指導実績や合格実績を持つ医学部予備校で効率的に学習することをおすすめします。偏差値の高い戦いとなると、1問落としたことが合否に直接影響を与える程のインパクトがあるため、基礎問題であってもケアレスミスなどで落とすことは許されません。難しい問題ばかりを解いて応用力を身につけるのみならず、基礎の確認から応用・実践問題まで幅広い問題に対応できる学力を習得することが非常に重要であると言えるでしょう。国公立大学の医学部は、ほとんどが偏差値65以上であり高いレベルの戦いとなります。偏差値70前後であることが通常であり、センター試験の成績も重要であるため気を抜くこと無く年間を通じて高いモチベーションで学習を進めていきましょう。

医学部 難易度はコチラ

URL:igakubu-ranking.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です